四季風感

アクセスカウンタ

zoom RSS 【旅行】会津を歩く〜帰路へ〜

<<   作成日時 : 2012/07/08 11:19   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

目が覚め、目を閉じたまままどろんでみる。

旅館の前を流れる川の音が、気持ち良く目を覚ましてくれる。



朝一番に露天風呂へ。

一番乗り。

川を眺めながらぼ〜っとしていると、二番客。

「おはようございます、早いですね」

「おはようございます、ここで寝坊は勿体無いですからね」

何気ない会話も、一文の徳かな。



風呂から上がったら、元気の源朝食!
画像


これ×3くらい食べましたから。

周りのお客さんが、若干引いてましたから!



時間も迫り、チェックアウト。

寂しいですね。もう一泊しない?

本当にいいお宿だったな〜。



さて、二日目です。

ここから駆け足。

午前中はまた会津旧街道を逆側へ。

伝統ある油屋さんや、お菓子屋さん。
画像

画像

画像


当時の旅館が、今も宿泊出来ます。
画像


明治、大正な雰囲気。
画像


食事やお土産を。
画像


蔵を利用した新撰組記念館。
画像


旧街道の観光ポイント終点、七日町駅。
画像




午後は宮城へ進路をとり、現在無料開放中の観光有料道路へ。
画像


この時から強い雨が降ってきたため、写真は終了。



最後まで天気は晴天。

普段とは異なる会津旅行。

よりこの町が好きになりました。

まだまだ知らない場所もある。

まだまだ楽しむ余地がある。

料理も文化も、もっともっと味わいたい。

何度来ても、そんな風に思える町。



会津、仙台に負けず劣らず素晴らしい町です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした!
こんな情緒ある街並みは、ずっと残して欲しいですね。。
何か落ち着いた気持ちになりました(^^♪
最後の山道は何処・・浄土平?
こんな荒涼としたところも
案外好きだったりします(^^ゞ
カチカチ山
2012/07/08 20:16
カチカチ山さん>
こんにちは^^

ありがとうございます!
私も同感です。
便利で快適な町も良いですが、こういった日本ならではの風景は残していただきたいです^^

さすがです!最後のは磐梯吾妻スカイラインの、浄土平を過ぎた辺りですね♪

私の初めてのロンツー場所なんですよ〜^^
べるみ〜
2012/07/09 11:15
朝から露天風呂ですか
最高ですね
私も味わいたいです!

それにしてもイイ感じの町並みですね
まさと
2012/07/11 00:19
まさとさん>
こんばんは^^

旅館の朝は、やはりお風呂が欠かせませんね♪
最高でした!おかげで食欲もモリモリ(笑)

蔵が多く建っているので、昔の面影が残っています。雰囲気がとても良いですね^^
べるみ〜
2012/07/11 20:29
べるみ〜さん ♪

会津って 素晴らしいところですね。
ちょっと遠いけれど こんな場所に
行けるべるみ〜さんが正直羨ましいです^^
ここの建物の雰囲気は当分抜けそうには
無いです(苦笑)^^

この朝食のX3は頼もしい わたしも
いけそうです^^;
やっぱり 旅した場所が好きになる>>
そんな巡りあいを求めるからこそ、また
旅にでるんでしょうか?
最高の思い出になりましたね。
お疲れ様でした。
僕もそろそろ温泉に入りたいよ〜〜
ポパイ
2012/07/11 21:47
ポパイさん>
こんばんは^^

身近にこういった場所がある喜びに、気付いたのは本当に最近ですね〜。。
ポパイさんが紹介してくれる、四国の素晴らしい場所に私も同じ感情を抱いていますよ^^

旅先の朝食は美味いですよね〜(笑)
ポパイさんもいけるかと思いますよ!

その土地その土地によって空気は違いますし、それを味わうことによって旅情を味わう。
何とも言えない、あの胸が高鳴る感覚・・・あれがたまらんのだと思います♪

旅行記事楽しみにしてます〜^^
べるみ〜
2012/07/12 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
【旅行】会津を歩く〜帰路へ〜 四季風感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる